看護師RiNの看護師さんを応援ブログ☆

日々激務に追われている看護師。。。そんな全ての看護師に幸せになってほしい!私の体験談を交えながら、看護師さんたちを応援するブログです♬

赤ちゃんがほしい!

私は14歳の時から生理不順だったんですが、若い時は生理がなくてラク〜♬という感覚しかありませんでした。

 

 


実際ラクだったんです。
生理痛もないし、血液漏れを心配しなくていいし…

 

忘れた頃に時々生理が来るので、ナプキンなんて持ってないよ!と焦ってました(^-^;

 

 


高校を卒業して、さすがにこれじゃいけないなと思い、産婦人科に通っていたんですが…

 

 


どうやら私、多嚢胞性卵巣症候群PCOS)だったみたいです。

 

 

 

 

PCOSは若い女性の20人に1人は患っているというデータがあります。

 

 


排卵しないから生理がこない。
排卵しないから妊娠しないということです。

 

 

 

産婦人科に通院し始めた時は妊娠を希望してなかったので気長に治せばいいや〜と思ってたんですが…

 

 

 

治らないんですよね。なかなか。

 

 

 

30歳で結婚して、真剣に赤ちゃんが欲しくなって…


それでも排卵しない。生理がこない。

 

 

 

産婦人科の先生と相談して、排卵誘発剤を使うことにしました。

 


運良く1クール目で妊娠したのですが、残念ながら流産…。゚(゚´ω`゚)゚。

 

 

ひと月お休みし、また排卵誘発剤を使用。

 

そして…妊娠♬
嬉しかったです!

 

 

 


ただ、排卵誘発剤のみに頼っていたわけじゃありません。


結婚後、赤ちゃんをすぐに授かるためにいろいろ努力しました!

 

 

その方法が…

 

 

身体を温めること!

 

 

 


身体の血液循環を良くするためにホットヨガに通い、お茶はほうじ茶からルイボスティーに変え、毎日湯船に浸かるようにしました。


湯船から上がった後は足の指の間の水を特にしっかりと拭きました。足の指の間に水気が残ってると、そこから冷えてくるんですって!

 


いつでも妊娠可能なように葉酸のサプリも飲んでました。

 

探しに探してPCOSに改善効果のある葉酸を見つけ、それを定期購入し内服!

 

赤ちゃんにアレルギーが出ないよう、シャンプー類や化粧品類は全てパラベンフリーに変更!

 


できる限りのことをして妊娠の準備をしてから排卵誘発剤を使いました。

 


卵子精子の受精は80%くらいの確率で受精します。
ただ受精卵が着床する確率がたったの20%!


受精しても着床しなければ妊娠は成立しません。

 

だったら、着床しやすい環境を整える努力をしようと思ったんです。

 

 


毎日基礎体温を測定し、タイミングを取るときは排卵検査薬を使いました!

 


流産を経験したものの、すぐに妊娠。努力してよかったなと思います♬

 

 


不妊に悩まされている方は、諦めないで欲しい…


ストレスは抱えて欲しくはないけど、妊娠するための努力の仕方はいろいろありますから。

 

 


妊娠を望んでいる方、応援しています!